院長ブログ

2014年11月12日 水曜日

お尻の痛み

お尻の外側の痛みは中臀筋と呼ばれる
お尻の筋肉を構成する筋肉の一部で
腰をサイドから支え、前後の動きの補助を行い
ここが悪くなると足を組みやすくなったり
立っているときに片方の足に体重を乗せやすくなります。
そして、弱くなりすぎると腰を支えることが困難になり
腰の動きが悪くなり、ほかの場所を痛めることが多いです。

予防としては中臀筋の硬さをストレッチや特殊電療、マッサージなどで
元に戻し、筋トレをしていくことで痛めづらくなります。
鍛えても痛みが取れないときはお尻の筋肉が硬くなりすぎているか
腰の筋肉に引っ張られ硬くなっているかもしれません。


北山田駅から徒歩3分 寝違えや頭痛、ぎっくり腰に特化し 夜間も20時まで診療!

大きな地図で見る

所在地

〒224-0021
神奈川県横浜市都筑区北山田2-4-21-102

ホームページを見たとお伝えください 045-548-4547

診療時間

診療時間
9:00~12:00
15:00~20:00

※水曜・土曜の午後は13:00まで

お問い合わせ 詳しくはこちら