院長ブログ

2017年9月30日 土曜日

成長期の膝の痛み

サッカー少年を悩ませる膝の痛み、オスグッドはつばさにお任せください!

つばさのメリット
①その場で痛みを抑えることができる!
②運動を休まずに痛みを減らせる!
③再発予防までできる!


オスグッド・シュラッター病とは膝下の骨が盛り上がってきてしまうもので、まだ骨が柔らかい成長期の子どもに起こる病気です。
特にサッカーをやっている子に多く、他にもバスケットやバレーをやっている子に発症しやすいです。

原因は前モモ(大腿四頭筋)の筋肉が緊張し、硬くなってしまうことで筋肉が骨を引っ張り過ぎてしまうことだといわれています。酷くなると骨がはがれてしまう場合があり、早めのケアが大切です。

一般的な治療法としては患部(膝の下)のアイシングと前モモのストレッチがあります。また運動中に膝下の盛り上がったところを直接押さえるサポーターのバンドがあります。
しかしそれだと運動を休んでいれば痛みは出なくなりますが、再開すると結局また痛みが出てきてしまいます。成長期が終わって骨がしっりしてくると痛みは感じなくなるのですが、その間は痛みを我慢しながら運動をしなくてはなりません。


つばさでは患部にハイボルトをかけることで炎症を抑えて痛みを減らしていきます。早ければ1回で痛みがなく屈伸ができるようになります。
そして体幹やお尻のインナーマッスルの調整をしていくことで、前モモにかかる負担を減らしていきます。
片足立ちでフラついてしまう子、前屈で床に指がつかない子、座っている姿勢が悪い子などはオスグッドになりやすいので注意が必要です。

当院では自宅でできるセルフケアの仕方も積極的に指導しておりますので、お困りの方は一度ご相談ください。


つばさ鍼灸整骨院
横浜市都筑区北山田2-4-21-102
045-548-4547

北山田駅から徒歩3分 寝違えや頭痛、ぎっくり腰に特化し 夜間も20時まで診療!

大きな地図で見る

所在地

〒224-0021
神奈川県横浜市都筑区北山田2-4-21-102

ホームページを見たとお伝えください 045-548-4547

診療時間

診療時間
9:00~12:00
15:00~20:00

※水曜・土曜の午後は13:00まで

お問い合わせ 詳しくはこちら